永代供養・納骨・霊園

古都、奈良の自然のなかで土に還る永代供養・納骨

王龍寺の永代供養は遺骨が土に還ります。王龍寺の参道周囲の山林は、奈良市の文化財に指定されている貴重な自然林です。自然の山林にかこまれたなかで、やすらかに故人の菩提をとむらうことができます。また、仏教寺院として将来にわたって末永く回向供養をいたします。

一、王龍寺の永代供養は、宗派・宗旨をといません。どなたでも、御利用になれます。
二、永代供養塔(合祀墓)は、王龍寺が責任をもって将来まで追善供養をいたします。お墓の継承について御安心していただけます。
三、合祀墓に埋葬の後三十年、八月盂蘭盆会施餓鬼供養塔婆回向・春秋の彼岸会墓前回向をいたします。
四、個別に各家各人の墓石あるいは夫婦墓を建てることもできます。建立・埋葬後、三十年間にわたって供養いたします。
五、永代供養塔(合祀墓)への遺骨の埋葬のみもできます。
六、霊標に名前を刻んで残すこともできます。

詳しくは王龍寺までお気軽にお尋ねご相談ください。

永代供養の料金は概略以下のようになります

・永代供養塔に埋葬・納骨、以後、総供養。10万円(一霊位)。
・春秋彼岸会、八月盂蘭盆会施餓鬼卒塔婆供養。三十年。30万円(一霊位)。
・個別墓石建立。三十年。35万円。

永代供養は自然に土に還ります

王龍寺の永代供養は、自然に還ることとしております。永代供養塔、および、個別墓は自然の土のうえに建っています。そこに埋葬しますので、時間の経過とともに、遺骨は自然に土に還ります。
永代供養墓地の周囲の山林は、奈良の文化財に指定されている里山の自然林です。そこに自然に故人の遺骨が土に還ります。
なお、故人の名前を残しておきたいという場合、霊標に名前を刻んで残すこともできます。


連絡・所在は、このHPの上欄「アクセス」の箇所をご覧ください。
電話:0742-45-0616
電子メール:oryu.zen.ji■■gmail.com ■■を@に変更してください。

永代供養塔



永代供養塔・霊標・個別墓